INFORMATION 更新情報

おすすめのマイクの種類 ダイナミックマイク編

  • 2017/08/04
  • ブログ
ツイッター
Facebook
Google Plus
Hatena Bookmark
Pocket

ジェネステ事務局でございます。
本日はカラオケでは欠かせないマイクについての記事をお伝えしたいと思います。

先日のブログではマイクの使い方、マイキング技術について記事を掲載しました。
今回はマイクそのもの、上級シンガーへの一歩を踏み出す上での必須アイテム、マイマイクについて記載をしていきます。

おすすめのマイクの種類

マイクについて記載をするにあたって大まかにマイクには2種類のマイクがあることをお伝えします。

  • 1:ダイナミックマイク・・・耐久性が強い。ライブハウスなどに。
  • 2:コンデンサーマイク・・・壊れやすい。スタジオなどの録音などに。

 

本日みなさんにお伝えしたいのは「ダイナミックマイク」
カラオケやライブハウスなどで使うマイクといえば、まずダイナミックマイクという解釈で良いはずです。

カラオケのマイクについて大きな欠点があることといえば
ワイヤレスマイクですので、音が綺麗に機材・スピーカーに伝わらないことが多いということです。

有線のマイクにするとこの音質の面の改善がみられることは間違いありません。

プロのPA(音響の調節)を行う方がいればセッティングの段階でそういった問題を解決しているので、ワイヤレスのマイクでも気にならないレベルで歌唱することが出来ますが、それでもそこに有線のマイクを使用するとさらに音質が向上するということはひとつの事実です。

今までのカラオケよりも一歩先に行きたい方に是非おすすめしたいのがマイマイクを活用したカラオケです。

カラオケに設置されているマイクが悪いとは申し上げるつもりはありませんが、マイマイクを手に使用すると、そのあまりの音質の差に自分も、聞いている人も、録音を聞き比べても、びっくりすることは間違いありません!!

そこで今日はジェネステ事務局がおすすめするマイクをご紹介しましょう。
ジェネステDAY-1の音源審査を通過し、ライブハウスでのフルコーラス歌唱DAY-2へ出場される方には必見の内容となっていますのでご注目下さい。

SHURE社のSM58S
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/69783/
(サウンドハウスさんのHPを記載)

全国あらゆるライブハウスにあると思います。
それくらい世界レベルでスタンダード、「定番」なマイクですね。
ごっぱ、ごっぱちなどの愛称で呼ばれます。

  • 横からの余分な音が入りにくい。
  • ハウリングがしにくい。
  • 落としたり衝撃に強い。
  • PAさんにとっても定番で調整がしやすい。

いわゆる「定番」ならではのメリットが盛りだくさんのマイクです。
シンガーに最初の一本、といえばまずこれの他におすすめするマイクはないと言っても過言ではありません。

SM58にはSM58とSM58Sの2種類があります。
このSってなんでしょう??

じつは「スイッチ」のSなんです。

ジェネステ事務局はカラオケシンガーの皆様には是非SM58Sをおすすめしたいと思います。
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/69783/
(サウンドハウスさんのHPを記載)

SM58ではスイッチがついていないので常に音がマイクに入ってしまいます。
ライブハウスなどではPAさんが音量を適切に上げ下げしてくださるのでなんの心配もありませんので通常ライブハウスにはSM58が置いてあることが多いです。

それに対してSM58Sはスイッチがありますので、歌い終わったらスイッチを切ることで音を止めることができます。
カラオケをよく使う方にはこのSタイプ、スイッチが付いているものを購入されることをお勧めしたいと思います。

全国のほとんどのライブハウスには有線のマイク、特にSM58がおいてあることが多いです。
DAY-1の音源審査を通過してDAY-2に進出する方はライブハウスでの歌唱が待っています。

カラオケでのワイヤレスマイクと有線のマイクの違いは歌唱されるご本人が大変大きく感じることでしょう。
もし、あなたが今のカラオケからもう一歩進んだステージに行きたいのであればマイマイクを購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

マイマイクはマイク本体とケーブルを購入すれば、DAMシリーズカラオケ機材でもJOYSOUNDカラオケ機材でも使用が可能です。

また、DAY-1の音源審査用の音源を録る際にもきっと音質の改善になることでしょう。

まずはスタンダードなマイク、SM58を使用してみて、このマイクの特性を理解されて、次のマイクを選んで行く。
より聞いてくれる人の心に届くこだわりの一本を探すという作業はシンガーにとって必要な作業であり、またその時間は非常に楽しいものです。


ジェネステ事務局

ツイッター
Facebook
Google Plus
Hatena Bookmark
Pocket